カルマって?

カルマはインドの古語で「行動」を意味する言葉で、ヒンズー教や仏教など、東洋の宗教に多く見られる因果応報のことです。私たちのとる行動のすべては回りまわっていつかは自分に帰ってくるという考え方です。例外には、その人の子孫によってカルマが果たされるという考えを持つ流派もあります。

私たちは誕生と再生を繰り返し、それは「悟り」という極致に到達するまで繰り返されます。これを輪廻転生といいます。生命をもつすべてにあてはまることです。悟りを開いたとき万物は苦悩を本質とする現世から開放され輪廻から開放され解脱します。解脱はすべてのものにとっての最終で究極の目標とされています。



関連記事



  • 最終更新:2011-02-15 10:49:28

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード