アーユルヴェーダとスリランカ

アーユルヴェーダは5000年前のインドからはじまったといわれていますが、

誕生して間もなくスリランカへと伝播されました。

歴史的な記録によると、古代スリランカの王達が都市の中にアーユルヴェーダによる

トリートメント施設を建設したとあります。

現在でもスリランカ国内の高級ホテルやリゾート地などではアーユルヴェーダのスパやマッサージ所が設置されています。



これらのアーユルヴェーダの技術を基にしたスパは、

フランジパーニの花や、アロマオイルの香りに包まれた中でハーブオイルを使用したマッサージが施されていきますが、


基本的なアーユルヴェーダの原則は発祥当時から変わっていません。

アーユルヴェーダ療法は身体の免疫系を活性化させ、気分を爽快にし、

最終的には老化を遅らせる効用もあるとも言われています。



肌をきれいにする「ハニー・セサミ・ボディ・グロー」、

太陽の光に奪われた体の水分を取り戻す「リーハイドレーテーティング・ココナッツ・ラップ」、

体の緊張を和らげる「アロマテラピー・バック・マッサージ」などの

トリートメントはスリランカ国内の多くのスパ施設で体験できます。


関連記事



  • 最終更新:2011-03-01 11:48:49

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード